クリストファー・コロンブスは、アメリカをインドと間違えただけでなく、チリを黒胡椒と間違えました。このため、チリが「チリペッパー」の名で呼ばれるようになったのです。コロンブスは、1492年のカリブ海への航海で初めてチリに遭遇しました。チリがインドに導入されたのは、15世紀後半ポルトガル人によってです。

Christopher Columbus not only mistook America for India, but he mistook the chilli for black pepper.  That’s how chillies got the name ‘Chile pepper’.  He first encountered chillies on his 1492 voyage to the Caribbean.  They were introduced to India by the Portuguese in the late 15th century.

チリ

インドは、チリの世界最大の生産者、消費者、輸出業者です。チリ栽培地域の冷蔵施設への設備投資によって、インドの唐辛子生産と市場シェアは維持されるようになりました。 

赤唐辛子は、インドのアーンドラ・プラデーシュ州、カルナタカ州、マディヤ・プラデシュ州、マハラシュトラ州の79万2,000ヘクタールの土地で栽培されています。8月と9月に作付けされ、3月と4月に収穫されます。インドでは毎年137万6,000トンの赤唐辛子が生産され、そのうち70%が国内で消費され、30%が輸出にまわります。乾燥唐辛子の輸出は、インドから輸出されるすべてのスパイスの22%を占めています。

水を飲むことは、唐辛子を食べた時の焼けつくような感覚を消すには効果的ではなく、実際には激化することになります。それに対し、ミルクやヨーグルトのような脂肪が豊富な食品は、焼けつくような感覚の原因となるカプサイシノイドを排除します。多くのインド料理にヨーグルトが伴われているのはこのためです。

チリの品種

インドは、多様なSHUとASTA仕様をバイヤーに提供している唯一の国です

インドの唐辛子にはいくつかの種類があります。最も人気があるのはサンナム、テジャ、ビアディギ、273、ワンダーホット、334、ムンデュ、トマトです。 

インドの唐辛子は、食品、菓子、化粧品、医薬品、農業保護、塗料製造、酒類、防御用兵器など多様な用途で使われています。  

インド産の唐辛子の辛みは、強いものから甘いものまで様々なレベルがあります。色は、深い赤から淡い赤まであります。インドの唐辛子の収穫は、1月から4月の間です。IPM - 統合害虫管理(Integrated Pest Management)は、唐辛子の栽培における殺虫剤の使用を制御するための生態学的手法です。IMP唐辛子は、そのプレミアムな品質と価格でヨーロッパと日本で人気があります。

Indian Red Dry Chilli