Sesame Seeds

ゴマ

中国人は5000年前墨を調整するためにゴマを使用し、古代エジプト人は粉として使うためにこの種子を挽きました。

インドは、白、赤、黒など様々な色の、含油率40~50%の多種多様なゴマを生産しています。

白と黒のゴマは消費向け、茶色のゴマは油の抽出用として使われます。インド産白ゴマにはナッツ風味があり、お菓子、焼いた食品、菓子の製造に使用されます。インド産黒ゴマは、調味料に使用されています。種皮を除去したゴマはスナック菓子に使用されます。

インドのゴマ生産の80%は、カリーフ季(6月~7月、9月〜10月)に集中しています。残りはラビ季(12月~3月)に栽培されています。 

インド最大のゴマ生産地は以下の通りです:グジャラート、西ベンガル、タミルナードゥ、アンドラ・プラデシュ、マディヤ・プラデシュ、マハラシュトラ、ラージャスターン。

Cumin Seeds

クミンシード

Тминクミンは、アジアではその薬理作用が有名です。  

クミンは地中海に原産地とし、インド、エジプト、シリア、トルコ、中国、アメリカの一部で栽培されています。インドは世界最大のクミン生産者であり消費者でもあります。 

世界中で約30万トンのクミンが生産されており、生産の大部分はアジア諸国に集中しています。クミン輸出の世界的な需要は年間約3万と見積もられています。 

インドでは、クミンは10月から11月に蒔かれ、2月に収穫されます。3月に新鮮なものが市場に出回ります。 

インド最大のクミン生産地域は、西ベンガル、ウッタル・プラデシュ、アンドラ・プラデシュ、パンジャブです。 

インド産クミンは、主に日本、ブラジル、シンガポール、米国、英国に輸出されています。

Coriander Seeds

コリアンダーシード

コリアンダーの栽培は、紀元前2000年、バビロンの空中庭園の多くの植物の一つとして始まりました。 

モロッコのコリアンダーとは異なり、インド産コリアンダーはきれいな緑色の、「フットボール」型が特徴で、さわやかな柑橘系の香りがあります。 

インドのコリアンダーで特筆すべきことは、全州で栽培されていることで、デカンと南インド(アンドラ・プラデシュ、マハラシュトラ、タミル・ナードゥ)の黒い綿土壌と北インドの豊富なシルト質の土壌で重要な裏作物となっています。アンドラ・プラデシュ州とタミル・ナードゥ州では、10万エーカー超でコリアンダーが栽培されています。同様に、パンジャブ州と近隣の州でもかなり大規模に栽培されています。

Raisins

レーズン

インドのレーズンには様々な色やサイズがあります。風味は、生産されるブドウに似たものとなりますが、乾燥プロセスによってより甘くなります。

レーズンは、少ない水分、低いpHレベルによって腐敗しにくい、生来安定した食べ物です。 

インドの主要なブドウ栽培は、75%を生産するマハラシュトラの他、カルナタカ、アンドラ・プラデシュ、タミル・ナードゥ、パンジャブ、ハリヤナ、ウッタル・プラデシュ西部、ラージャスターン、マディヤ・プラデシュで行われています。

1キロのレーズンを作るには、4キロ超の新鮮なブドウが必要です。これらのブドウを、天日干しとトレイでの乾燥で加工し、品質の高いレーズンを生産します。レーズン生産で最も重要なブドウは、トンプソン・シードレス、ソナッカ、ランドストークなどです。

Fenugreek Seeds

フェヌグリークの種子

フェヌグリークは、南東ヨーロッパと西アジアを原産として、インド、アルゼンチン、エジプト、地中海で栽培されています。 

フェヌグリークの種子は、一年草の熟した果実です。この丈夫なハーブは、薄い緑色の葉を持ち、高さ30〜60cmとなり、長さ10~15cmの細長い、くちばし状の鞘を作ります。各鞘には10~20個の硬い黄褐色の種子が入っています。長さ約3mmの滑らかな楕円形で、それぞれ1つの角に向かって溝が入っており、カギ状の外観を作っています。

霜や低温に耐えられるため、フェヌグリークはラージャスターン、グジャラート、マディヤ・プラデシュ、ウッタル・プラデシュ、マハラシュトラ、パンジャブで栽培されています。 

霜や低温に耐えられるため、フェヌグリークはラージャスターン、グジャラート、マディヤ・プラデシュ、ウッタル・プラデシュ、マハラシュトラ、パンジャブで栽培されています。  

インドのフェヌグリークの主要輸入国は、サウジアラビア、日本、マレーシア、シンガポール、スリランカ、英国、米国です。

Chickpeas

ひよこ豆

ひよこ豆は非常に栄養価が高く、デーシーとカーブリーという2つの種類があります。 

デーシー種のひよこ豆は、カーブリー種よりも小さく、濃い茶色で、種皮がより厚く、アジア諸国ではカーブリー種より人気があります。

カーブリー種のひよこ豆は、白っぽいクリーム色で、種皮が薄く、スープやサラダに利用され、また、粉用にされます。

インドは世界のひよこ豆の70%を生産しています。インド産の生産比率ではデーシー種のひよこ豆が大きく支配的です。 

インド産ひよこ豆の主要輸入国は、トルコ、オーストラリア、メキシコ、シリア、米国です。デーシー種のひよこ豆の主要輸入国はアジア大陸諸国で、残りの国々では、カーブリー種を輸入しています。

Fennel Seeds

フェンネルの種子

インドは世界最大のフェンネルの種子の生産者です。フェンネルの種子は、涼やかで爽やかな味で知られています。フェンネルの種子の消費量はインドの夏季に増加します。

インド産フェンネルは、食品、医薬品、酒類、香水にも使用され、種子、粉、油として輸出されます。。インド人は、耐え難く暑い気候に耐えるための助けとして「Sarbat of Fennel」の趣旨を持つというローヤルな選択があります。

 

インドの主要なフェンネル栽培地域は、グジャラート州、ラージャスターン州、ウッタル・プラデーシュ州です。 

フェンネルの種子の最大の輸入国は、シンガポール、スリランカ、マレーシア、サウジアラビア、日本、アラブ首長国連邦、英国、米国です。 

Kalonji Seeds

カロンジの種子

ブラックシードオイルは、世界で最も健康的なオイルで、カロンジの種から作られています。ブラックシード(カロンジ)植物の学名はNigella Sativaといいます。

カロンジの種子は、トルコとイタリアを原産地としてエジプトとインドで伝統的な薬剤として何世紀にも渡って使われてきました。カロンジの種子は、黒い三角形で、ツンと来るにおいのうする油分が豊富な種子でインド全域で栽培されています。 

Dill Seeds

ディルの種子

ディルは、中央アジアの原産のハーブです。 ヨーロッパや北アフリカでも広く栽培されています。

ディルの種子は中央アジアに由来します。エジプトや地中海諸国、東ヨーロッパでも大量に栽培されています。 

ディル生産の主要産地はインドとパキスタンで、エジプト、フィジー、メキシコ、オランダ、米国、イングランド、ハンガリーでも商業生産が行われていますが、世界の生産量としてはあまり大きな割合ではありません。

インドは、ディールの種子とその派生品の主要生産者です。エッセンシャルオイルと種子の輸出は、過去5年間に拡大しました。インドは、ヨーロッパ各国にホールと粉末状のスパイスを供給しています。

Onions

タマネギ

タマネギの栽培は7000年前に始まりました。平均すると、1人あたり毎年13.7ポンド(約6.2キロ)のタマネギを消費します。リビアではタマネギが非常に人気があり、一人あたり毎年66.8ポンド(約30.3キロ)のタマネギを消費します。

インドは年間約4,000万トンのタマネギを生産し、中国に次いで、世界第2位のタマネギの生産国です。

ムンバイからの輸出の大部分はナシク/プネ地方産のピックルと呼ばれるタマネギで占められています。南部品種のうち、Podisuが約5万トン、MutloreとNathuが5,000トン、Bangalore Roseが4万5,000トン 、Bellary約2万トンのタマネギが輸出されています。

ムンバイからの輸出の大部分はナシク/プネ地方産のピックルと呼ばれるタマネギで占められています。南部品種のうち、Podisuが約5万トン、MutloreとNathuが5,000トン、Bangalore Roseが4万5,000トン 、Bellary約2万トンのタマネギが輸出されています。.